Uncategorized 炎上

【解説】電子計算機使用詐欺とは?詐欺との違いと4630万円は返金されるのかについて世間の声は?

山口県阿武町で発生した、4630万円の誤送金問題で、返金を拒んでいた田口翔容疑者が、

18日、電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕されることが分かりました。

4630万円をネットカジノで溶かしたと話している田口翔容疑者ですが、

今回の逮捕でお金は返って来るのでしょうか?

また、電子計算機使用詐欺とはどのような罪なのでしょうか?

スポンサーリンク

電子計算機使用詐欺で田口翔容疑者が逮捕

電子計算機使用詐欺とは?

電子計算機使用詐欺とはどのような犯罪なのか?

聞きなれない言葉ですが、

コトバンクの文章の引用がこちらになります。

人の事務処理に使用するコンピュータに虚偽の情報もしくは不正の指令を与えて財産権の得喪,

変更にかかわる不実の電磁的記録を作成したり,

または財産権の得喪,変更にかかわる虚偽の電磁的記録を人の事務処理の用に供して,

財産上の利益を取得し,または他人をして取得させる犯罪。-コトバンク

つまり、この詐欺罪には、2パターンあって、

①コンピューターに嘘の情報を入力して不正に利益を得るパターン

②嘘の記録をコンピューターに読み取らせて不正に利益を得るパターン

があるようですね。

スポンサーリンク

普通の詐欺罪とは違うの?

普通の詐欺罪とは、異なるようです。

電子計算機使用詐欺罪と通常の詐欺罪との大きな違いは、

詐欺行為(欺く行為)が人に向けられたものか、

電子計算機(機械やシステム)に向けられたものかという点です。-引用元:あなたの弁護士

普通の詐欺罪が人を騙した際に適応されるのに対し、

電子計算機使用詐欺とは、システムや機械を騙した際に適応される罪のようですね。

そのため、騙した対象の違いのようですね。

田口翔容疑者の今回の事案はなせ、この罪なのか?

今回の阿武町の誤送金問題がなぜ、電子計算機使用詐欺に値するのかについては、

日刊スポーツで以下のように書かれていました。

◆電子計算機使用詐欺罪 刑法246条の2。人を欺いて財物をだまし取る罪は詐欺罪(刑法第246条)で法定刑は10年以下の懲役

銀行窓口で銀行職員をだまして現金を受け取れば詐欺罪だが、

自分の金ではないことを知りながら、自分の金としてATMから引き出せば電子計算機使用詐欺罪となる。ー引用元:日刊スポーツ

今回の事案は、町役場の職員が田口翔容疑者に、誤送金のことを報告・謝罪し返金してもらうよう説明した後に

自分でATMから引き出しています。

そのため、自分のお金ではないことを知っていながら、ATMより不当に引き出したことでこの罪に問われているようですね。

スポンサーリンク

電子計算機使用詐欺の刑罰は?

電子計算機使用詐欺の刑罰は、通常の詐欺と同じのようです。

普通の詐欺罪が、10年以下の懲役です。

そのため、起訴されらば、裁判となり立件されると懲役刑となります。

公金をATMから不当に引き出したので窃盗罪で罰金刑になるのでは?と予想していた人も多いようですが、異なる方向に話が進んでいるみたいですね。

スポンサーリンク

電子計算機使用詐欺で4630万円は返金されるのか世間の声は?

電子計算機使用詐欺に問われ、今後とも裁判が行われますが、4630万円は返金されるのでしょうか?

SNSから世の中の声を見てみました。

役場の管理体制を指摘する人もいれば、強引に罪を付けたのでは?との指摘も見られまいしたね。

これから、どうなっていくのか裁判で争い判決を待つことになりそうですね。

【山口県阿武町】田口翔の経歴は?ホームセンター勤務で真面目な青年だった!

山口県阿武町が新型コロナ給付金を誤って送金し、返金を求めるも 拒否しつつげ、4630万円を持ち逃げして逃走したと言われ話題となっている田口翔さん。   阿武町の職員が接近した際に、「犯罪にな ...

続きを見る

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
ゆな

ゆな

-Uncategorized, 炎上

© 2022 カフェオレ日和 Powered by AFFINGER5