Uncategorized

ジャニーズの結婚ラッシュの理由は3つ!2021年に入籍するアイドルが多い衝撃の理由とは

ジャニーズと言えば、日本で一番大きい男性アイドル事務所ですので結婚をしたくてもさせてもらえないことで有名ですよね。

 

その一番の原因が事務所内に存在する結婚に関するルールだとも言われています。

しかし、2021年はジャニーズ内でも結婚ラッシュが起き話題になりましたよね。

 

中でも活動休止中ではあるのもも、絶大な人気を誇る嵐の櫻井翔さんと相葉雅紀さんの結婚や

元ジャニーズではありますが、年末には事実婚状態であった香取慎吾さんの結婚発表もありましたね。

更には、元V6の坂本昌行さんの結婚発表もあり

1年間で3人のもジャニーズメンバーが結婚を発表する異例の自体となりました!

元ジャニーズも含めると4人!!

 

今まで結婚をしてこなかったジャニーズがここにきて何人も結婚している背景には、事務所内に伝わっていた結婚の暗黙ルールが薄れていっているからや、ジャニーズの体制の変化が原因だとも言われています。

そこで、今回は、ジャニーズの結婚ラッシュの原因と

結婚に関するルールの衝撃の内容を探っていこうと思います!!

 

この記事でわかること

・ジャニーズに伝わる結婚ルールについて

・ルールが消えても結婚するには高いハードルがある?

・結婚ラッシュが続いてる3つの原因について

ジャニーズの暗黙結婚ルールがキツすぎる!!

ジャニーズ内にある暗黙の結婚ルール。

それは、

1グループ1人までしか結婚をしてはいけないというものです。

これは、正直都市伝説的部分があるのですが、流石に縛りがキツすぎますよね。

それくらい結婚には高いハードルが設けられていることがわかります。

1グループ1人までしか結婚してはいけない暗黙のルール

1グループ1人までしか結婚できないというルールですが、

このルールは実は、TOKIOの国分太一さんが結婚したことによって都市伝説であったことが明らかになりました。

TOKIOの国分太一さんのお相手は元TBSの方で7年間の交際期間を経てゴールインしました。

結婚を決め手は、国分さんが2009年に大きな病気をした際の献身的な看病があったようです。

 

TOKIOは、国分太一さんが結婚する前に既に元メンバーである山口さんが結婚していたこともあり、

暗黙のルールでは結婚できない筈でしたが、結婚したことで、1グループ1人までというルールが都市伝説であったことが明らかになりましたね。

ジャニーズの結婚する前に条件を満たす必要がある

暗黙のルールが嘘であったことが明らかになったとしても、ルールは他にもあるようです。

それは、結婚するお相手が相応しいかどうか。

具体的には、

 

①ジャニーズのイメージを壊さないかどうか。

②結婚後の人気が落ちないキャラクター・イメージ作りはできているか。

③今いるファンが離されていく可能性がどれくらいあるのか

④結婚後の活動の場をシフトできるのか

 

これら4つの条件を満たせないと結婚ができないようです。

 

これらの条件が揃っていて結婚しても人気が落ちなかったジャニーズと言えば

例えば、国分太一さんや櫻井翔さんなどが挙げられますね!

お二人ともニューズ番組を持っていたりと誠実さ売りのキャラクターであったため、

きちんと籍を入れるということがイメージとしっかり合致しファンにとっても違和感なく受け入れられるものになったと思います。

スポンサーリンク

ジャニーズの結婚ラッシュの原因は3つ!

1グループ1人までという暗黙のルールが都市伝説だったとしても

それくらい結婚に踏み切るのは大変であるジャニーズ。

そんなジャニーズが近年、結婚の発表が相次いでいる原因について3つにまとめてみました。

結婚ラッシュの火付け役はTOKIOの国分太一?

ジャニーズの結婚ラッシュのきっかけは国分太一さんの結婚だったとも言われています。

というのも、国分太一さんの結婚発表前は結婚する人がいても1年に1人のペースでした。

しかし、国分太一さんが結婚してからというものの

2019年09月:TOKIOの城島くん

2019年11月:嵐の二宮くん

2020年06月:生田斗真くん

2021年09月:嵐の櫻井翔くん&相葉雅紀くん

1年間に1人から多い年では2人のもビッグアイドルの結婚が発表されています。

国分太一さんが1グループ1人までのという都市伝説を破った?おかげで、同グループ内でも結婚がしやすい状態になっていったのかもしれませんね!

ジャニーさんの結婚擁護発言

国分太一さんが結婚を発表した時の

ジャニーさんの結婚に関するコメントもジャニーズの皆さんの結婚を後押しいするきっかけになったと思います。

その内容がこちら

「(立場上)奨励するわけにはいかないけど」と前置きしたが、アイドルの自覚を持った上での結婚は促した。

「遠慮なく適齢期になったら結婚すべきです。将来、(未来を担う)子供も必要だしね。人として当然のことです。ただ、自分の責任のもとで結婚するわけで、『人気が落ちたりするのはプロダクションのせい』と思うタレントなんていない。結婚は結婚として、本人は(自分を)認めながら信じながら、結婚するんじゃないですか。それは当たり前のことです。我々は応援するだけです」

適齢期が何歳なのかは分かりませんが、ジャニーさん自身も結婚には前向きな姿勢であることがわかりますね。

ジャニーズの体制の変化によって結婚がしやすくなった?

ジャニーズは、創設者であるジャニー喜多川さんが2019年7月になくなってから運営の体制が大きく変わりましたね。

運営体制が変わったその年に城島くんと二宮くんが結婚。

翌年には生田斗真くんが結婚し、

その次の年には、嵐の2人が異例の同日結婚発表をするなど

一気に結婚ブームが起きました。

 

生前のジャニーさんも「結婚は遠慮なくしていい」と話しておりさらに経営体制の変化が起きたタイミングだからこそ

結婚に踏み切ったジャニーズメンバーが多かったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ジャニーズの結婚ラッシュまとめ

ジャニーズの結婚ラッシュが起きている原因について考察してみました。

いかがだったでしようか?

アイドル=結婚してはいけない。

といイメージを持たれている方もいると思いますが、一方でアイドル人生も長期化している時代ですから

自分の人生のパートナーをしっかりと見るつつ、ファンを喜ばせるパフォーマンスをしてくれるアイドルが増えると素敵ですね。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
ゆな

ゆな

-Uncategorized

© 2022 カフェオレ日和 Powered by AFFINGER5